今年も、日本テレビの24時間テレビがやってきましたね。


最近ネットでは、とにかく叩かれまくっている印象です。
私も去年までは、そのネットの情報を信じ、なんとなく良い印象ではありませんでした。

・なぜ、チャリティ番組なのに出演者はギャラを貰ってるの?
・障害者や地震の被災者を使った感動ポルノだ!
・視聴率稼ぎが激しい・・・


などなど。。。


でも、さっき嫁がボソッと言った一言がひっかかりました。

スポンサードリンク







「まぁ色々言われてるけど、知らない病気や被災に遭われた方の気持ちを知ることができるよね」

びっくりしました。

普通に暮らしていて知り合えないことを知る。

何か役に立てることはないかな?(ボランティアだったり募金だったり)


そう気付けることが「24時間テレビ」なのかなぁ。。。と思いました。



確かに、一番うえに記載したような批判もわかります。
でも、視聴者、テレビ局、出演者、すべての人が満足・納得いくのって難しいのかな…とも思います。


結局世の中、金でもあるし、愛でもあるし…(そんな単純なものではないですが)

まぁ私達視聴者は無料で24時間テレビを見てるのだから、損はしてないかな?とも思います。
疑心暗鬼になり、正義を振りかざし、叩きまくるのもそろそろ疲れてきたかなぁ・・・と。


どうせ、みんな年取って死ぬのだから、ボケッーっと気楽に生きたいですよね。

スポンサードリンク
















 カテゴリ

 タグ